白老八幡神社~北海道白老郡


パワースポット、天然記念物・国宝・博物館・近代産業遺産・灯台など
日本の癒やしスポットをまとめて検索!

白老八幡神社 《基本情報》

パワースポット名称白老八幡神社
都道府県北海道
所在地北海道白老郡白老町本町1-1-11
パワーレベル
概要

白老八幡神社は、北海道白老郡のパワースポット

毎年9月に行われる「白老八幡神社」で「YOSAKOIソーラン踊り」が開催されることで知られ、毎年全道から50チーム、約2500人が集結するイベント時には、多くの出店や地域住民、観光客で賑わいます。

境内には樹齢およそ800年の御神木「誉の松」があり、北海道庁の銘木に指定されています。
「誉の松」は、明治14年に明治天皇が北海道を巡幸された際、在所された大沢周次郎邸の庭園にある水松にお賞めの言葉を賜ったもので、のちに白老八幡神社境内に移植したものです。

寛政10年(1798年)に幕府が北海道開拓のために派遣した近藤重蔵の蝦夷地調査隊に同行した木村賢次がここに弁天社を見つけ、豊受大神を合祀、白老、敷生、社台三ヶ村の白老郡郷社八幡神社となりました。

Photo:いなせ系 暁会 活頗組 By Photo:白老大乱舞 2009/9/12 #19 By Photo:白老大乱舞 2009/9/12 #21 By Photo:白老大乱舞 2009/9/12 #22 By Photo:白老大乱舞 2009/9/12 #20 By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください