滝原宮(瀧原竝宮、瀧原宮)~三重県度会郡


パワースポット、天然記念物・国宝・博物館・近代産業遺産・灯台など
日本の癒やしスポットをまとめて検索!

滝原宮(瀧原竝宮、瀧原宮) 《基本情報》

パワースポット名称滝原宮(瀧原竝宮、瀧原宮)
都道府県三重県
所在地三重県度会郡大紀町滝原872
パワーレベル
概要

滝原宮(瀧原宮・たきはらのみや)・瀧原竝宮(たきはらならびのみや)は、三重県度会郡のパワースポット

伊勢神宮の別宮で、瀧原宮と瀧原竝宮2つの別宮と、瀧原宮所の管社が3社あります。
瀧原宮→瀧原竝宮→若宮神社→長由介神社(ながゆけじんじゃ)の順に参拝してください。

倭姫命が宮川下流の磯宮(いそのみや)から上流へご鎮座の地を求め、真奈胡神の案内で「大河の瀧原の国」に新宮を建てられたのが、瀧原宮の起源と言われています。

2013年に伊勢神宮の第62回式年遷宮が執り行われましたが、引き続き別宮12社の遷宮が行われます。

2014年10月に「月讀宮・月讀荒御魂宮」「伊佐奈岐宮・伊佐奈彌宮」
同11月に「瀧原宮・瀧原竝宮」「伊雜宮」
同12月に「風日祈宮」「倭姫宮」

2015年1月に「土宮」
同2月に「月夜見宮」
同3月に「風宮」

遷宮とは、新しい社殿に神をお移し(遷座)する神事。伊勢神宮では20年に一度行われ、この時期に最もパワーが高まると言われています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください